Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(読書)都市と地方をかきまぜる 「食べる通信」の奇跡/高橋博之

政治家で、岩手県知事選にも出馬した著者。知事選で落選後に手掛けたのが、本書のタイトルにもなっている「食べる通信」というWEBサービスでした。 この「食べる通信」では、農家の人と都市の消費者を結びつける。どういう風にして農作物・畜産物を作ってい…

(読書)残り全部バケーション/伊坂幸太郎

久しぶりの伊坂幸太郎小説です。5個の短編小説からなる短編集。ただ当たり屋稼業の主人公が共通して出てくる(1篇だけはほぼ出てきませんが…)。 1つ1つはバラバラの5つの話がうまく結びついて、1冊が出来上がっています。さすがという構成でした。 どれも…

(映画)マスカレード・ホテル@109シネマズ名古屋~ホテルならではの群像劇とミステリー

★★★ 大ヒット上映中の『マスカレード・ホテル』を観てきました。平日の午前の回でしたが、多めのお客さん。ヒットしているんですね。 CMではキムタクの刑事役と長澤まさみのホテルマン、そして東野圭吾原作というのをウリにしています。 本作の見どころとし…

(読書)関係人口をつくるー定住でも交流でもないローカルイノベーション/田中輝美

タイトルに惹かれて読んでみました。 移住・定住を目的とせずに地域にかかわってもらう人を増やすというコンセプト。人口増ではなく(地域に関わる)人材増を目指す。結果として定住・移住するならなお良しとしているのが関係人口のプロジェクトとなります。…

(読書)もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら /岩崎夏海

今さらながらですが、中古本であったので読んだ「もしドラ」。 小説で読みやすく、2時間ほどで読んでしまえます。導入としては入りやすいし、小説としてもまぁ、よくある青春映画的な感覚のつもりで読めば納得できます。 本書で取り上げられている”マネジメ…

(映画)クリード2/炎の宿敵@109シネマズ名古屋~ロッキーを通っていない僕が観ても前のめりに

★★★☆ ロッキーを通っていない僕。前作『クリード/チャンプを継ぐ男』は評判を聞いてAmazon Primeにて視聴してからのこの続編鑑賞です。 ロッキーのライバルであり親友であったアポロをリング上で殺したドラゴ。ロッキーはその後ドラゴを倒します。そしてそ…

(映画)劇場版 ダーウィンが来た!アフリカ新伝説@109シネマズ名古屋~テレビの総集編!?

★★ 小学生の子どもと一緒に観に行ってきました。 NHKの番組『ダーウィンが来た!』の映画版です。 本編は、「百獣の王へオスライオンの挑戦」「子どものための母ライオンの奮闘」「片腕を失った子供ゴリラの奇跡の家族愛」の3つの物語からなっています。 3…

(読書)生涯投資家/村上世彰~目指したのは、コーポレートガバナンスとお金の循環

Kindleにて読了。 村上ファンドで世の中を騒がせた村上世彰氏の自伝になります。メディアでは悪者のイメージがついている彼ですが、そんな彼側から語ったものになります。もちろんニッポン放送や阪神電鉄の買収についても、彼側の側面で語られています。 こ…

3連休、天気が良かったので愛知牧場に行ってきた!

天気が良かった3連休、最終日。 家にいるのも勿体なかったので、家族で日進市にある愛知牧場に行ってきました。 駐車場代がかかるものの、入場無料。動物に触れあったりするアトラクションごとにお金がかかる仕組でした。 子どもたちは、動物の餌やりと迷路…

(読書)教団X/中村文則

なかなかヘビーな分量のあるベストセラー。カルト宗教からの社会風刺、原子レベルでの生まれ変わりなど面白い理論が展開される小説でした。 小説的には後半のテロ部分からのこの世界の光の部分は面白く読むことができました。その光とは、”多様性の尊重”。良…

(読書)君はどこにでも行ける/堀江貴文~アタマの中の壁を取り払うこと、行動することの大切さ

堀江貴文氏によるお手軽に読める啓発本。あとがきによると著者は、住まいを持たずホテル住まいだという。また宇宙関連ビジネスもあり世界中を飛び回っている。その旅という生活で感じたことの中から、考えた日本のことが読みやすくまとめらています。 とはい…

(映画)シュガー・ラッシュ:オンライン@109シネマズ名古屋~ハードルを上げ続けるディズニー

★★★☆ 正月休み。息子とディズニー最新作『シュガー・ラッシュ:オンライン』を観てきました。 初めてアーケードゲームの世界を飛び出したラルフとヴァネロペが、インターネットの世界に入り込み冒険する。 ピクサーが『インサイド・ヘッド』で頭の中の感情を…

2018年映画ベスト5とワースト1

年始恒例の昨年の映画鑑賞の振り返りになります。2018年は25本の映画を映画館で鑑賞しました。2017年が14本だったので大きく増えました。と言っても2016年が20本、2015年が25本だったのでやっと元に戻っただけなのですが……。 ということで恒例のベスト5とワ…

2019年の目標

あけましておめでとうございます。新年恒例の2019年の目標です。 <健康> ・フルマラソン 4時間半 *ハーフ 1:45 秋シーズンにフルマラソンを走りたいなぁ。 ・体脂肪 12% 体重 57キロに 体重を落とさないといけません。炭水化物の大盛はやめようと思いま…

2018年の目標はどこまで達成したか?

あけましておめでとうございます。新年恒例の昨年の目標の振り返りになります。 <健康> ・フルマラソン 4時間半 *ハーフ 1:45 評価:〇 ⇒東京マラソンでは、自己ベスト(4時間26分27秒)を記録。ただその後仕事も忙しく全然走れていません。 lifeisashowt…

(映画)妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS@109シネマズ名古屋~今年もワースト映画にします……

★☆ ここ数年の定番になっている年末の映画 妖怪ウォッチシリーズ。今年も子どもと大晦日に行ってきました。 本作は高度経済成長期の日本が舞台となっており、いつもの妖怪ウォッチの設定とは少し違います。 ギャグ要素は少なくなっており、ストーリーで見せ…

(映画)アリー スター誕生@109シネマズ 名古屋

★★★☆ 世の中、ボヘミアンラプソディーのヒットで賑わっています。もちろんボヘミアンラプソディーも良かったですが、この冬のもうひとつの音楽映画がこちら「アリー スター誕生」。 ウエイトレスをしつつ歌手を目指すレディ・ガガ。それをブラッドリー・クー…

スマートリモコンを購入!Amazon Echoと繋げて未来の家電ライフ!?

我が家にAmazon Echoがやってきて半年。すっかり我が家のキッチンになじんで、タイマーやBGMやニュースの読み上げなどで活躍しています。 今回、先日のAmazonのサイバーマンデーで、スマートリモコンを購入してみました。 スマートリモコンにはいくつか種類…

伊勢国一之宮&猿田彦大本宮 椿大神社に参拝してきました!

伊勢国一之宮である都波岐奈加等神社の後、向かったのがもう一つの一之宮 椿大神社。都波岐奈加等神社からは車で20分ほど、山側に向かったところにあります。 神社の近くには新名神高速道路の工事が行われており、鈴鹿PAがつくられていました。スマートICも…

伊勢国一之宮 都波岐奈加等神社を参ってきました!御朱印も

最近ご無沙汰でした寺社巡りですが、ちょうと1日時間ができましたので伊勢国一之宮にお詣りをしてきました。 伊勢国一之宮は、都波岐神社(正確には、奈加等神社と合併しています)と椿大神社の2社あります。ともにあるのは鈴鹿市です。 まずは都波岐奈加…

(読書)社会派ちきりんの世界を歩いて考えよう!/ちきりん

人気ブロガー?のちきりんさんの本。 彼女ほどではないが、学生時代から30~40か国を旅してきた身としては同感を感じる部分が多分にあった本でした。海外旅行(多くは一人旅でしたが)によって、世界は広く面白いことを気づかされました。 それは、世界は多…

(読書)永遠の旅行者/橘玲~著者の「国を信用しない」という想いを小説に

非常に冷静な視点で、経済や社会を切っていく橘玲氏の小説になります。 普段はこうしたビジネス小説はあまり読まないのですが、橘玲の小説ということで手にとりました。 遺産相続とサスペンス的な話と税法の矛盾をつくという内容が織り込まれた小説になりま…

(映画)パッドマン 5億人の女性を救った男@ミッドランドシネマ2~10冊の自己啓発本よりもこの映画を観るべき!

★★★★ 評判を聞いて観に行ってきました。 2001年、インド。愛する妻のために生理用ナプキンを安価に開発するという男の物語。 この映画は実在の「アルナチャラム・ムルガナンタム」という人物をモデルに作られています。そう事実(一部脚色ありですが)の物語…

(映画)へレディタリー/継承@センチュリーシネマ

★★★☆ 究極のホラー映画という触れ込みだったので鑑賞してきました。 この映画のホラー映画の凄いところは、卑怯な脅かし方を使わないこと。特に序盤は実際の世界でも起こり得ることの積み重ねであるということ。 予告編では全く意味が分からない内容になって…

『中村佑介展 ALL AROUND YUSUKE NAKAMURA』@名古屋・パルコギャラリーに行ってきた!

先週末まで名古屋パルコで開催だった、大人気イラストレーターの中村佑介の展覧会に行ってきました! 中村さんは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONのCDジャケットや、『謎解きはディナーのあとで』『夜は短し歩けよ乙女』などの書籍カバーを手掛けるイラストレータ…

(読書)波の音が消えるまで/沢木耕太郎~中毒的な面白さ

好きな作家の一人である沢木耕太郎。エッセイやルポが面白いなのだが、こちらは小説。 時は香港返還にわく20世紀の終わり。主人公、伊津航平がバリ帰りに立ち寄ったマカオ。当時のマカオはまだアメリカの外資も入っておらずカジノといったらリスボア。そんな…

(読書)ローマ亡き後の地中海世界/塩野七生

ローマ人物語を読み終わって、気になっていたその後の地中海を舞台にした続編。本書ではなんと西ローマ帝国崩壊からなんと17世紀までを描いています。 本書のテーマは副題にも「海賊、そして海軍」とあるようにずばり「海賊」です。そうワンピースの「海賊」…

(読書)夏フェス革命ー音楽が変わる、社会が変わるー/レジ―

気になっていた音楽本です。 著者は、普段はコンサルティングをしているマーケッターのようで、音楽業界の外にいる人のようです。 この本のポイントは、夏フェス、その中でも特に何かと軽視されがちな「ROCK IN JAPAN FES」に注目して掘り下げていったことで…

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館に行ってきた!

今年の春にリニューアルオープンした各務原市にある「航空宇宙博物館」に親子で行ってきました! 良い天気。そして航空ショーの前日の予行演習を見ようとする人でまぁまぁ混雑していました。 館内ではまず飛行機について学びます。 各務原の航空機産業が発達…

(映画)若おかみは小学生!@イオンシネマワンダー~泣かせる児童アニメ

★★★☆ 映画WEEK、4本目。セレクトしたのはこれまた噂に聞いていた「若おかみは小学生!」。 児童向けアニメと舐めてかかると泣かされます。 両親を交通事故でなくした主人公「おっこ」。祖母がやる旅館を手伝うようになります。子どもには見える幽霊たちと旅…