読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(映画)モアナと伝説の海@109シネマズ名古屋

★★★ 相変わらず子供たちとの映画の日々です。今回セレクトしたのはディズニー最新作の「モアナと伝説の海」。あとで気づいたのですが、女性が主人公ということで女の子が多かったです。そういえば息子とは、「アナと雪の女王」も連れて行っていましたねぇ。…

(映画)ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険@109シネマズ名古屋

★★★ 恒例の子供とみる映画です。今回は、5歳の息子に加えて、2歳の息子とともに鑑賞しました。それにしても子供映画だと予告編の長いこと!10分ぐらいはあったのではないでしょうか。 さて今年のドラえもん映画のテーマは南極&氷河期という設定。これは珍…

(映画)ザ・コンサルタント@109シネマズ名古屋 これってアクション&サスペンス映画なのか?

★★★ 実に不思議な映画でした。主人公が表の顔は会計士、裏の顔が殺し屋という設定。ポスターからもわかるようにあきらかにアクション&サスペンス映画ののりである。映画会社もそこをPRしている。 しかしポスターにはない主人公の大事な要素として「高機能自…

2016年映画ベスト5&ワースト1

2016年も残すところあとわずか。ということで毎年恒例の映画ライフの振り返りです。 2016年は劇場で20本の映画を観ることができました。昨年が25本でしたので5本のマイナス…。やはり30本ほどは観ていきたいですよね。 それでは恒例の年間ベスト5から。 ベス…

(映画)妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン@109シネマズ名古屋 2年ぶりのワースト映画に決定‼

★ これまた毎年恒例の息子とともに観る妖怪ウォッチ映画です。はっきりいって期待しておらず、息子が見たいからということだけ観に行っています。 今回はなんとチャレンジングなことに、実写とアニメの世界を行ったり来たりするという設定。 もうこれがひど…

(映画)スターウォーズ ローグワン@109シネマズ名古屋 再び息子と共に

★★★★ 昨年に続き、息子と鑑賞するスターウォーズです。 スターウォーズ エピソード4の直前、デススターの設計図をどのように入手したのかというお話し。 スターウォーズ全般がスカイウォーカー家による全宇宙を巻き込み、フォースを使いまくる壮大な親子喧…

(映画)ドント・ブリーズ@ミッドランドスクエアシネマ2

★★★★ 噂を聞いて観てきました!久しぶりのホラー映画です。 もう、本当にこれはホラー映画シーンでも名作でしょう!90分程度の映画ですが、本当に冒頭から「息を呑む」とはこのこと。まさしくタイトル通りの「ドントブリーズ」です。もう90分が長いこと!緊…

(映画)何者@109シネマズ を観て、氷河期に80社受けた僕が就職活動について考える

★★★☆ これまた評判だった「何者」をやっと観てきました。 公開時に年間1位にあげた『桐島、部活やめるってよの』の朝井リョウ原作だったんですよね。 『桐島~』が学園群像劇だったのに対して、今作は就職活動というシチュエーションでの群像劇。就職活動か…

(映画)この世界の片隅で@伏見ミリオン座

★★★☆ あまりにも大絶賛評が多かったので観てきました。 舞台は戦時中の呉。そうつい先月に行ったばかりの呉の街が主な舞台でした。かつて東洋一の軍港といわれた町。背後に山が迫る港町。その山の手の一角に主人公が嫁いだ家があります。 やはり行った街が舞…

(映画)「ハドソン川の奇跡」@ミッドランドスクエア2

★★★☆ はじめてのミッドランドクスエアシネマ2での鑑賞でした。場所を普通のミッドランスクエアと勘違いしていたので少し冒頭に遅れたのが悔やまれます。 2009年1月の「USエアウェイズ1549便のハドソン川への不時着水事故」を題材にクリントイーストウッドが…

(映画)ゴーストバスターズ@109シネマズ名古屋

★★☆ 本当は息子と『ペット』を鑑賞予定で映画館に行ったのですが、連番で席を取れませんでした。息子の希望で『ジャングルブック』を聞くと、これまた満席。仕方なく選んだのがこの『ゴーストバスターズ』です。 この『ゴーストバスターズ』ですら1列目とい…

(映画)君の名は。@イオンシネマワンダー

★★★☆ 新海誠監督作品というふれこみで観てきました。 朝起きた瞬間に、遠い男女が入れ替わっているというSF的設定。 一部ネタバレも含みますが、時間と空間を行き来するこの感じは、細田守監督作品「時をかける少女」でしょう。 終盤の静と動の部分なんかの…

(映画)シンゴジラ@109シネマズ名古屋 絶望と希望と市川実日子と…

★★★★ 現在日本の置かれた閉塞感&絶対的強者による絶望とそこから立ち上がってきた希望を感じられる一作 あまりに評判がよいので観てきました。確かにこの夏観ておくべき作品です! 311以降の放射能問題やエヴァイズム評などあちこちに溢れていますので、そ…

(映画)ファインディング・ドリー@109シネマズ名古屋

★★★ 夏休み映画シーズンです。今回も子供とともに観に行く日々が続きそうです。まずはこの夏の代表作のひとつである「ファインディング・ドリー」です。 大ヒット作「ファインディング・ニモ」の続編。ニモの大冒険から1年後、今度は忘れん坊のドリーが家族…

(映画)ヒメアノ~ル@センチュリーシネマ 森田剛って凄い…というかこういう映画に出てていいの!?

★★★☆ V6森田剛主演ということで舐めてました…。完全にバイオレンス&狂気映画じゃないですか。こんな映画にジャニーズが出ていいのか。それもスプラッター役ですし…。 配役でもう一人、佐津川愛美というヒロイン役の女優が、あまりにも前田敦子に見えて仕方…

(映画)マネーモンスター@109シネマズ モンスター級の出演者とインテリのジョディ・フォスター監督作らしい一本

★★★☆ ジョディ・フォスター監督作品。主演はジョージクルーニーとジュリアロバーツという豪華キャスト。しかし本作の魅力はやはり脚本でしょう。 映画の中の時間軸が、実際の時間軸と同じというスタイルの映画。 この時間軸の流れの映画では『ニックオブタイ…

(映画)ちはやふる 下の句@109シネマズ名古屋 今観ておくべき青春映画の後編!

★★★★ やっと観ることができました。「上の句」があまりにも素晴らしすぎた青春映画の後編。 「上の句」だけでも1本の映画に仕上がっています。そこからの後編の難しさはあるものの、やはり後半は青春映画ならではのさわやかな涙を流しながらの鑑賞でした。 …

(映画)ズートピア@109シネマズ名古屋

★★★★ ディズニー最新作ということで、4歳の息子と鑑賞。 動物たちが文明を持ち、肉食動物も草食動物も仲良く暮らす街、ズートピア。何にだってなれる街、ズートピア。 あまりにも前評判が高かすぎたかもしれません。ベイマックスもそうでしたが、あまりにも…

(映画)映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃@109シネマズ名古屋

★★★★ GW恒例のクレシン映画です。息子と観に行って3年になります。大人が観ても面白いクレシン映画ですが、今作もなかなかの出来でした。 夢の中に入るという設定、悪夢の理由とその克服方法など非常によくできた内容でした。 夢の中にはいるなんて、筒井康…

(映画)アーロと少年@109シネマズ名古屋  ~ピクサーさん、どうしちゃったの?

★☆ ピクサー最新作ということで、4歳の息子と観に行ってきました。恐竜ものという少年には鉄板のネタで期待値も高かったのですが…。 正直、どうしちゃったのピクサーさん…。 ストーリーがペラペラ。愛すべきキャラも出てこないし、伏線もない…。 インサイド…

(映画)ちはやふる 上の句@109シネマズ名古屋 今観ておくべき青春映画‼

★★★★ 評判を聞いて観に行ってきました。 結論からいうと、素晴らしい! 「ウォーターボーイズ」以降あるマイナー部活青春映画というジャンルの代表作になるであろう1本でした! まずは脚本&ストーリー 「上の句」「下の句」という2部作の本作品。しかしこ…

(映画)ザ・ウォーク@109シネマズ名古屋

★★★★ ワールドトレードセンターの間のワイヤーをかけ、綱渡りをするという、実際にあったお話。 見所は何と言っても、綱渡りシーンでの3D映像。映画を見ていて、手に汗握るとはこのことです。これだけでも観に行く価値があります。 ワールドトレードセンター…

(映画)スターウォーズ フォースの覚醒@109シネマズ名古屋

★★★★ やっと観てきました。年末年始に深夜テレビで やっていたエピソード4・5・6で復習をした上での鑑賞です。 期待通りのお祭り感満載です。 宇宙空間に浮かぶロゴとともにオープニングタイトルが流れていくだけで、テンションあがります。 (以下、ネタバ…

(映画)の・ようなもの のようなもの@ミッドランドスクエア

★★★☆ ちょっと気になっていた1本。 舞台は東京・谷中。落語が舞台ということで、少しわかる程度の知識で観に行きました。多少はわかっていた方が楽しめると思います。 本編を通じて、小さなネタを積み重ねと大きなネタを描いていく流れは、まさに落語的。 落…

2015年映画ベスト5&ワースト1

2015年も大みそかになりましたので、今年の映画ライフの振り返りです。今年は映画館で25本の映画を鑑賞しました。昨年が23本でしたので2本増えて、2週間に1作は観ていることになります。まずはベスト5です。 ベスト5&次点 第5位 バケモノの子 今年は細田守…

(映画)リトルプリンス~星の王子さまと私@109シネマズ名古屋

★★☆ 『年末だよ!息子と映画スペシャル』の3日目でした。今回選んだのは、リトルプリンスです。 「星の王子様」のその後のお話という触れ込みでしたが、どちらかというと「現代の星の王女様」といったところでしょうか。長年語り継がれている「星の王子様」…

(映画)妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!@中川コロナワールド

★☆ 年末休み子供と映画第二弾です。昨年に続き妖怪ウォッチ映画です。こちら昨年はワースト映画に挙げたシリーズの第二弾。身構えます。 今回は5つの話による構成ということで少しはテンポがよくなるかなぁと思っていましたが、なかなか辛い2時間でした。…

(映画)I LOVE スヌーピー@109シネマズ名古屋

★ 年末休みに入り、子供と冬休み映画鑑賞です。昨年も数本一緒に観に行きました。まずは子供が観たいといっていたスヌーピーです。 今年の春ぐらいから予告編で流れており子供的にはずっと観に行きたいといっていた作品。一方、親の僕はあまり乗り気がしなっ…

(映画)恋人たち@伏見ミリオン座

★★★☆ 『ぐるりのこと。』から7年。橋口亮輔、監督・脚本による待望の長編最新作。評判を聞いて観に行ってきました。 妻を通り魔に殺された男、食品工場ではたらく女、ゲイの弁護士。それぞれが交錯する群像映画です。 社会というのは不条理でどうしようもな…

(映画)心が叫びたがってるんだ。@109シネマズ名古屋

★★★★ 公開終了直前に観てきました。青春群像劇としては近年では「桐島、部活辞めるってよ」という傑作がありますが、こちらも良作でした。 母親視点でも、それぞれの学生視点でも楽しめる作品だったと思います。アニメならではの、「萌え」ポイントには、確…

(映画)バクマン。@109シネマズ名古屋

★★★☆ 現代版の『まんが道』ともいえる、漫画の裏側を舞台にした漫画。さらに設定はジャンプ編集部。原作は、デスノートの大場つぐみ&小畑健コンビ。漫画を読まない僕は、原作未読のままの映画鑑賞でした。 監督が『モテキ』の大根仁ということで、素晴らし…

(映画)GAMBA〜ガンバと仲間たち@109シネマズ名古屋

★★☆ 「ALWAYS 三丁目の夕日」や「ドラえもん STAND BY ME」の制作をやった白組の映画。子供がテレビコマシーシャルでやっていたのを観て行きたいということで、観にいきました。 興行成績が振るっていないというニュースの通り、土曜日というのにそれほど多…

(映画)ヴィンセントが教えてくれたこと@伏見ミリオン座

★★★☆ お酒とギャンブルが好きで、怠惰な生活をするヴィンセント。その隣に両親の離婚やらでセンシティブな感情を持つオリバーが引っ越してくる。この二人の交流を描いた物語。 年の離れた者同士の心の交流ものは、時々あります。ただこの映画の面白いのは、…

(映画)WOOD JOB!@機内鑑賞

★★★ 引き続きポートランド旅行中の機内鑑賞した映画です。 今回が矢口監督の『WOOD JOB!』。都会のダメ青年が紀州の林業を通じて成長していく話。 矢口監督らしいコミカルな演出。その上で描いているテーマは、子供から大人への成長の過程。特に主人公と都…

(映画)テルマエロマエⅡ@機内鑑賞

★★ 同じく機内鑑賞作品。お気楽に観れる作品としてチョイスしました。 前作はその大胆な発想で個人的には高評価でしたので、期待していたのですが…。 どうも二番煎じ感がぬぐえませんでした。古代ローマと現代日本の温泉文化の融合が根本テーマですが、温泉…

(映画)アベンジャーズ エイジ オブ ウルトロン@機内鑑賞

★★★☆ 大ヒットした前作を観ずに鑑賞。アメコミヒーローがいっぱい出てくるという認識ぐらいでした。 冒頭からフルスロットルでヒーロー大集結!俺たちドリームチームだぜ感満載でした。そうあって登場人物が多く、それでいてそれぞれを引き立たせる手際のよ…

(映画)フォーカス@機内鑑賞

★★★ 引き続き、ポートランドへの機内で鑑賞。 天才詐欺集団のお話。 これは、本心?それとも、詐欺? そう考えさせるように、観客も含めて騙される仕掛けが見事でした。 ヒロインとの恋仲の演出や、アメリカンフットボールでの賭けのシーンなど見ものです。 …

(映画)青天の霹靂@機内鑑賞

★★★☆ ポートランドへの機内で鑑賞。劇団ひとり原作でかつ出演もしています。他の出演者として大泉洋、柴崎コウ。 マジシャンの主人公(大泉洋)がタイムスリップして、自分の父親(劇団ひとり)と出会いコンビを組む。そこで自分の母親(柴崎コウ)とも出会…

(映画)海街diary@ピカデリー

★★★★ ベストセラーを誇る吉田秋生のコミックを実写化したドラマ。鎌倉で暮らす、幸(綾瀬はるか)、佳乃(長澤まさみ)、千佳(夏帆)。そんな彼女たちのもとに、15年前に姿を消した父親が亡くなったという知らせが届く。葬儀が執り行われる山形へと向かった…

(映画)ミニオンズ@109シネマズ

★★☆ 子供と夏映画シリーズ第三弾は「ミニオンズ」。何も考えないずに楽しめます。逆にいうと何も考えさせられません! 面白かった部分でいうと、エリザベス女王の部分。面白くデフォルメされていて、これが許されるイギリスって…。 大人と子供の面白さの違い…

(映画)バケモノの子@109シネマズ

★★★★ すっかり日本を代表するアニメ映画監督になった細田守監督作品最新作。 前日の「インサイドヘッド」に続き2日連続で息子と鑑賞してきました。 「時をかける少女」「サマーウォーズ」「おおかみこどもの雨と雪」らの過去作との一番の違いは、かなりセリ…

(映画)インサイドヘッド@109シネマズ

★★★☆ 夏休み映画シーズンですね。今年は例年にも増して大作揃いだと思うのは僕だけでしょうか。思いつく限りでも『アベンジャーズ』『ばけものの子』『ミニオンズ』『インサイドヘッド』『ジュラシックワールド』『ミッションインポッシブル』『進撃の巨人』…

(映画)予告犯@109シネマズ

★★☆ 「シンブンシ」と名乗った新聞紙を被った予告犯。ネット上で犯罪を予告し、世直し犯罪を実行していきます。 おそらく原作は面白いのでしょうけど、どうもそのテンポ感が出ないと思ったのは僕だけでしょうか。やはりネットものはそのテンポ感が大事だと思…

(映画)イニシエーションラブ@109シネマズ名古屋

★★★★☆ 周り人間があまりにも薦めるので観てきました。 『最後の5分。全てが覆る。あなたは必ず、2回観る。実現化不可能といわれた映画が遂に映画化』 という映画のキャッチフレーズが踊る堤幸彦監督作品。 原作は大ヒットしていましたが、読まずに鑑賞しまし…

(映画)龍三と七人の子分たち@109シネマズ

★★☆ 北野武監督作品。名古屋がロケ地ということで、久しぶりに映画館での北野映画でした。 北野映画の割には、方に力が入っていないつくり。 ストーリーとしても、引退した元ヤクザの龍三親分がオレオレ詐欺に引っかかったことから、昔の仲間 “七人の子分た…

(映画)セッション@伏見ミリオン座

★★★★☆ 先日観た『バードマン』に続き、音楽映画が続きます。くしくも同じようにドラムものです。 映画公開前から、菊池成孔&町山智浩の批評合戦で盛り上がった映画です。 名門音楽学校へと入学し、世界に通用するジャズドラマーになろうと決意するニーマン…

(映画)バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)@伏見ミリオン座

★★★ アカデミー賞作品賞を含む4部門に輝く作品。昔スーパースターだった主人公が舞台を演じることで世間に返り咲こうという映画。 全編を1カットでとったような長回しの演出(実際は途中でCGを挟んでつなぎ合わせている)やドラムで感情の起伏を表すBGMな…

(映画)寄生獣 完結編@109シネマズ

★★★★ 昨年秋、たまたま観に行った「寄生獣」。これが予想外に面白かったので、その完結編も観に行ってきました。 前編で衝撃的だったスプラッターシーンも健在。しかし数ヶ月あいていること、それなりの覚悟で観に行ったこともあって免疫が出来上がっていま…

(映画)クレヨンしんちゃん オラの引越し物語〜サボテン大襲撃@109シネマズ

★★★☆毎年のゴールデンウィークの恒例になっているクレヨンしんちゃん映画。今年のGWは大作が多いのか映画館は凄い人混みでした。毎回、大人からも評価が高いしんちゃん映画。過去作の評価の高い一因は、大人的な心情の変化についての描写。しかし今回のポイ…

(映画)陽だまりハウスでマラソンを@名演小劇場

★★★ 老人ホームに入った元英雄のマラソン選手がもう一度、マラソンを走るという話。 某ラジオDJが2000年代で10本の指に入るというので観にいきました。そこまでか?というのが正直なところ。 おそらくもっと感動できる演出ができたと思います。 ただ考えされ…