読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(旅行)父と子で行く島根旅行〜まとめ編

今回の島根旅行についてまとめておきます。

f:id:mailto1979:20150423230113j:plain

旅行代金

  • 航空券代:¥6,000×2=¥12,000
  • レンタカー代:¥7,500
  • ガソリン代・高速代:¥4,000
  • 宿泊代:¥9,000+¥8,500=¥17,500
  • 食事代:¥3,000
  • お土産・拝観料・食事代:¥8,000
合計49,000円程度となっています。今回は祖母をつれてですので金銭的な援助は多分に出ているのですけれど。

島根について気付いたこと

  • 島根は観光資源がかなり豊富。そして神様&縁結び押し!
思ったよりも行ってみたい場所が多かったです。もちろん出雲大社というダントツの訪問先が有名ですが、実はその周辺にもたくさんの歴史ある場所(神社)が点在しています。
さすが歴史ある国です。
島根県もそれをわかっているようで、パワースポット押し、「縁結び」を前面に押し出した女子旅の取り込みのPRに力を入れています。
「縁結び」とは本来は、恋愛だけでなく、様々なヒトやモノやコトとの出会いを含みますが、恋愛がわかりやすいのでしょう。
今回、実質1日半程度の滞在で、石見銀山出雲大社と回りましたが、松江や足を伸ばして境港なんかも回ってみたいです。
まぁ、子供向けというより、女子旅か老夫婦向けな訪問地ですよね。
  • 外国人は白人中心
他の観光地では、すっかりアジアからの観光客が多いですが、島根では白人中心でした。買い物が一つの観光のメインであるアジアからの観光客は、やはり島根では満足できないのかもしれません。
世界遺産好きの僕として、今回の一つの目的だった石見銀山は、日曜日にも関わらず本当にガラガラでした。これはこれで、のんびりとして良かったのですけれどね。
  • 神社は大注連縄が特徴的
出雲大社をはじめ、どうもこのエリアの神社の注連縄は太いもののようです。
これをマッピングしたら面白いデータができそうですが、調べた文献などないのでしょうか。
  • 温泉は透明
今回、3箇所の温泉に行きました。名湯、玉造温泉をはじめ、お湯は透明。ぬめりもありません。
決して派手ではないあたりが、島根っぽいとも思います。
  • WAONで観光地の支払い&割引に!
石見銀山や松江の観光地ではWAONの支払いが可能でした。さらに割引もあります!
調べてみると、各地区限定絵柄のカードを発行して、その図柄での支払いに対して寄付金が発生する社会貢献をしているようです。その流れで割引を実質しているということです。
これはいい取り組みですよね。

三世代で行く旅行

今回、母・僕・息子と三世代での旅行となりました。初めてのパターンです。
お金的な援助もありますが、なによりも親孝行になったと思います。正直、妻を連れて行くとまた雰囲気が変わるでしょう。この組み合わせが、母にとっては一番良かったのではないでしょうか。
 
子供がまだ「おばぁちゃん!」って懐いているうちはこのパターンもありだと感じた2泊3日でした。