読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

久しぶりのハーフマラソン。越前大野名水ハーフマラソンに参加してきた。

スポーツ

今年の春に静岡マラソンに参加予定だったのですが、家の都合で参加できず、代わりに申し込んだのがこの越前大野名水マラソンでした。

ハーフマラソンなのですが、実は2年ぶりのハーフマラソンでした。
名古屋を5時に出発し、7時半ほどに到着。行けなくはない距離です。

まずはタイムから

f:id:mailto1979:20150526090043p:image
GROSS        1時間56分17秒
NET      1時間55分31秒
 
順位  136位/304人中(39歳以下男子)
 
目標は、1時間50分切り。自己ベストからも5分も遅いタイムでした。
ラップタイムもありますので記しておきます
 
  1km 5’56”
  2km 5’14”
  3km 5’06”
  4km 5’03”
  5km 5’11”
  6km 5’04”
  7km 4’59”
  8km 5’19”
  9km 5’18
10km 5’25”
11km 5’37”
12km 5’11”
13km 5’11”
14km 5’25”
15km 5’49”
16km 5’51”
17km 5’36”
18km 5’53”
19km 5’59”
20km 6’02”
21.0975km 6’16”
 
目標が1時間50分切りでしたので、キロ5分11秒となります。前半はなんとかそのペースだったのですが、後半失速。みるみるスピードが落ちていくのがわかるレース展開でした。
原因はいくつか思いつきます。
  1. 暑すぎでナトリウムの欠乏
  2. 前日にゴルフラウンドだったので疲れていた
  3. 練習不足
まずこの日、晴天で暑すぎました。実際フィニッシュ後の温泉で気持ち悪くなってしまうぐらいフラフラです。またレース中にも痙攣を起こしている人も見かけました。
二つ目は言い訳で、本当の原因は練習不足でしょう。週2回程度、ダラダラと(それもINGRESSをしながら10キロを走っている程度では、早くなりません。
ハーフマラソンはスピード勝負の面があるので、きっちりキロ5分で長い距離を走る練習をしないといけないのでしょうね。

大会の感想について

f:id:mailto1979:20150526084921j:image
タイムは不本意な結果でしたが、大会自体は気持ちの良いものでした。今年で51回目を迎えるこの大会。のべ4,720名もの参加人数になってえいます。なぜそんなこれほどの人数なのか。よくガイドブックを見ると2キロの小学生や3キロの中学生が多数。ハーフマラソンは1,400名ほどの参加でした
小中学生は、出場しているだけではありません。荷物の管理やランナーズチップの回収、完走証の発行も児童が行っています。町ぐるみでこの大会を軸に教育が行われているんですね。
 
あと名水の町を名乗っているだけあって、給水ポイントもハーフマラソンにしては多く、スポンジも用意されていました。
あと完走後には、なぜかかき氷が振舞われていました。
 
また、スタート・ゴール地点は越前大野城の麓にある「結ステーション」という広場。
この隣にウォーミングアップの広場として用意されているのが、めいりん(有終西小学校)だったのですが、ここがカッコ良すぎです。
f:id:mailto1979:20150526084901j:image
堀を使い、平屋の建物に広いオープンデッキ。芝生のグラウンドとなっています。
ちなみに越前大野城は冬場は雲海の中に浮かぶ「天空の城」として最近売出し中です。
観光でも楽しめそうな素敵な街のようです。
 
機会があればまた参加したいです。