読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

SOCIAL TOWER MARKETに行ってきた!

日記 音楽

数年前から秋口に名古屋・テレビ塔界隈で行われているイベント「SOCIAL TOWER MARKET」。毎年、おしゃれ雑貨屋さんなどが多数出店しており、徐々に認知が広がっています。

今年は上手く都合がつきましたので、10月17日(土)に行ってきました。
 
今年は飲食店ブースが桜通り北側に展開することで、より賑わっていました。
 
よくある商業的なイベントと違い、手作り感にあふれ、全体的にオシャレ感満載のイベントに仕上がっています。
 
f:id:mailto1979:20151020083605j:image
ライブステージも草木の装飾や動物のオブジェなどで魅力的です。アーティストとして観た「ザ なつやすみ バンド」もナイスな演奏をしてくれました。
 
ただ危惧するのは雨の時。今回は晴れたからよいものの雨が降ったても、みんな耐えれるのでしょうか。
 
こうしたイベントって毎年つづけていくことが一番大事です。
手作りマインドって理想的です。ただ天気などでテンションが下がった場合でも、次年度以降も続けてやれるかそこがポイントだと思います。

名古屋テレビ塔の社会的意義を模索するイベント

この「SOCAIL  TOWER MARKET」は、電波塔の役目を終えたテレビ塔が今後、どうした役割を持つべきかということを問うことがテーマの一つです。
「市民から愛されるテレビ塔」という方向性のもと、このイベントは多数のボランティアやNGO的な動きの上でできています。
 
個人的には今回のようなイベントって素敵なことで、きっかけになると思います。ただイベントはハレの場であり、日常的にテレビ塔に人が集う仕組みを作ることが一番大事です。
イベントをやり続けるのは労力がかかりすぎます。
 
日常的に人が集まる仕組みとはどんなことでしょうか。素人ながら、僕が思いつくことを列記してみます。
  • 職住接近を生かした場所へ(週末マーケット、ランチスポット)
  • 夜間はダンスの練習場として
栄北地区ということで、オフィスとともに実は最近マンションなどが多く立つエリアとなっています。
もし週末にマーケットが立てば、近所にスーパーがないことを考えるとそれなりに需要がある気がします。
またその延長線上として、テナント誘致では、具体的にいうとパン屋はどうでしょうか。これは、平日は栄地区のOLの需要(昼食・翌日の朝食分として)が休日は栄北地区のマンション住まいの方の需要を想定しています。ついでにカフェ営業もできます。
(個人的にはカフェ自体は儲かるものではないと考えます。あくまでパンの販売は収益の柱です。)
 
もうひとつ提案したいのがダンスの練習場としてのスペースの提供です。主に大学生になりますがダンスの練習スペース需要は意外とあります。練習場の条件としては、「鏡の代わりになる大きなガラス面があること」「屋根があること」「照明があること」「交通のアクセスが便利であること」あたりが考えられます。
テレビ塔の1階だとこれらを満たすことは容易です。
「鏡の代わりになるガラス面」の代わりに、一面に鏡を容易してあげればさらに嬉しがるのではないでしょうか。
学生が夜間集まるとそれを目当てとしたお店なんかも出来始める可能性があります。
現在、名古屋の屋外でダンス練習場所しては、伏見の日土地ビル、中区役所あたりが人気となっていますが、それに続く場所としてのポテンシャルは高いと思います。