読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(映画)陽だまりハウスでマラソンを@名演小劇場

f:id:mailto1979:20150406210612j:plain

★★★
 
老人ホームに入った元英雄のマラソン選手がもう一度、マラソンを走るという話。
 
某ラジオDJが2000年代で10本の指に入るというので観にいきました。そこまでか?というのが正直なところ。
おそらくもっと感動できる演出ができたと思います。
 
ただ考えされられる部分は多分にあります。
 
終末の迎え方、介護の問題、老いとは…
 
誰もが迎えることになる「老い」。
周りが死んでいくこと、離れていくことの寂しさはよく語られます。
 
映画内で出てくる老人ホームでは、みんなで歌を歌い、工作をしています。これって保育園と変わらない…。

現役時代にバリバリやっていた人ほど、こんなはずではないと拒否反応をするでしょう。主人公も同じように拒否反応を示します。

保育園と違う点は、出るときは死ぬときだということ。

 
 
マラソンと人生の共通点は多い。これはマラソンを走ったことがある人なら感じるでしょう。
 
上って、下って、上って、下る。だけど最後に勝利がある。
 
走り抜けた人は皆、勝者でいいのだ。そんなメッセージがある映画でした。

hidamarihausu.com