Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

悩みに答える形式をとるある建築家の仕事記~いまはまだない仕事にやがてつく君たちへ 建築家・三浦丈典が未来への悩みにこたえる/三浦 丈典

青少年向けコーナーで見つけて読んでみた本。

 

「じぶんのことや会社のことを陰で悪く言う人がいます。どうしたらよいでしょうか。」

「あたらしい仕事はどうやったら思いつきますか。」

「じぶんのやりたいことがわからないのですが、どうやって見つけたらよいですか。」

 

など、大人が聞いてもビッっとするような質問に建築家である著者が答えていく形式で本書は進みます。

このQ&Aの方式をとっているものの答えの部分はさらっとしたもので、基本的には著者の生き方と考え方を追っていくことになります。

 

そこには一本の川のような流れがある生き方でした。川なので一直線ではなく、どこか蛇行しており、それが人生そのもののであるとも言えます。

 

仕事を始めたころは源流のようなもので水量が少ない小川。周りに流されつつも次第に経験や人がついてきて、大きな流れになっていく。本書を読むと、著者はそんな年の取り方をしてきたのだと感じました。

 

著者は、駆け出しのころお金がなく、夫婦でボロ家を改装したところから話がはじまります。その後、相続した空きビルの相談を受け、シェアオフィスにしてみました。またカメラマンである妻の意見を聞き、使いやすいスタジオ貸しも始めます。

単なる建築家ではなく事業者になったことで、その立場がわかるようになります。

建築の仕事であるとき、費用が膨らむ依頼者に対して、初期費用を抑えるかわりに利益が出た場合の利益シェアの構造を提案したりしています。こうした方が、より真剣に建築後のことを考えるし、長きにわたってかかわっていくことができる。

 

建築家というよりも、ツールとしての建築であり、事業パートナーになる(なるべくしてなった)というようなことでしょうか。

 

あとがきにはこんなようなことが書いてありました。

ぼくがむかし思っていた「建築家になりたい」という夢はあくまで端っこの枝葉にすぎなかったのです。根っこは何なのか、ぼくにとっては「かっこいい場所をつくりたい」でした。それは「楽しいまちに住んでみたい」につながり、「これからのまちがもっと楽しくなってほしい」であり、木の根っこは「未来のまちを楽しくする子どもたちをつくりたい」ということに気づきました。最近ようやく。

本書を読んでいて思った、川の流れのような人生はこうした一本の大木だったんでしょうね。

そのうえで考えると、一見建築と関係のない映画上映をしたり、マルシェで中古絵本を売ったりするのもこうした流れに乗っ取ったものであることがわかります。

 

 

本書から気になった部分を抜き出しておきます。

 

設計の仕事に限らず、働くうえでいちばんたいせつなことは想像力。(中略)ぼくが直接的になにかを働きかけなくても、そこがよき場所であり続けてほしい、という祈りにも似た思いです。

じぶんの実感とスケール感に即した商い

人は見たことのない風景に対してはなかなか踏み出すことができません。まずは少し無理をしてでもその風景を実現させて、体験させてあげることが重要。

いまはない仕事というのはまったくあたらしい仕事ではなく、すでにある仕事の領域からずれていたり、重なったりしながら、固定観念にとらわれることなく時代の必要性にあたらしくフィットさせ、そしてそれを行ったり来たりする、そういう境界線の再定義にすぎないのです。

 

青少年向きと思って侮るなかれ、良い一冊でした。

 

 

 

この国にばかり怪獣が来る……シン・ウルトラマン@109シネマズ名古屋

f:id:mailto1979:20220612160751j:image

 

★★★

 

仕事がひと段落着いたので、子どもたちと『シン・ウルトラマン』を観てきました。公開から少したっていましたが、まずまずの集客。やはり庵野ブランド健在です。

 

冒頭から怪獣に襲われる日本を矢継ぎ早に見せます。そうこの国は、次々と怪獣に襲われる国なんだという前提の上で、ウルトラマンが登場します。

 

シンゴジラが、怪獣の姿をなかなか見せなかったことに対して、シンウルトラマンは最初から惜しみなく怪獣が出てくる映画でした。

一方、中盤からは一転、人間劇の要素が強くなります。ウルトラマンの正体から始まる異星人との駆け引き。この異星人との駆け引きは、まるで『三体』のようでもあります。

人類の叡智を大きく超える地球外生命体。ウルトラマンもそのひとつでした(ウルトラマン以外もいるのですが)。この異星人との関わり方こそが、本映画の見所だったと思います。

もちろんシンゴジラにあった、官僚組織のユーモアも健在です。

怪獣映画を通して、人間社会を表現した本作。観ておくべき映画ではあります。

長澤まさみの性を強調しすぎの批判は、僕も少しやりすぎではと思うのは同感です)

 

shin-ultraman.jp

 

先へ。先へ。~映画『カモン カモン』@伏見ミリオン座

f:id:mailto1979:20220509093630j:image

 

★★★

A24らしい、オシャレな映画でした。

 

フォアキンフェニックス演じる主人公は、ラジオジャーナリスト。子どもたちに「未来」についてインタビューをしている。

ある日、甥っ子を預かることになる。そこから始まる騒々しい日々と繋がり。

子育ては衝突もあるし戸惑いもある。だけど時々、神様のおふざけのような奇跡を見せてくれる。

 

たまたま、子どもの日に鑑賞しました。

子どもたちにあるのは未来。彼らには先に進むのみ。それを気を付けてと送り出すしかできない親たち。

 

 

未来は考えもしないようなことが起こる。

だから先に進むしかない。

先へ。先へ。(C'MON C'MON)

 

2回登場するこのフレーズが心にしみます。

鑑賞後、スピッツの「チェリー」の『♪想像したよりも騒がしい未来が僕を待っている』の部分を口ずさみながら自転車をこいで帰宅しました。

happinet-phantom.com

 

祝GW。念願の自転車で浜名湖を1周してきた‼

f:id:mailto1979:20220504214109j:image

コロナ前、2018年に自転車で東海道を走るということをやり無事東京に到着。その後、またどこかに自転車で行きたいなぁと思っていました。しかしコロナで外出自粛(自転車は、コロナ感染には関係ないともいますが…)。

今年のゴールデンウイークは、泊りがけでどこかに行く気にもならないので、日帰りで自転車ツーリングをしようと思い立ち、かねてからやってみたかった浜名湖1周をしてきました。

lifeisashowtime.hateblo.jp

二川からスタート。鷲津を起点に1周を4時間20分で。

f:id:mailto1979:20220504213907j:image

朝イチの快速電車にのり、豊橋駅の次の二川駅まで輪行で移動。そこからスタートです。まずは浜名湖の起点となる鷲津駅を目指します。

(なぜ二川を起点にしたかは後述)

ここで道を間違え少し時間がかかって、8:50に鷲津駅に到着。ここからハマイチコーススタートです。

f:id:mailto1979:20220504214155j:image

まずは新居の関所。

以前、自転車東海道をやったときに通ったのを思い出します。

 

続いて弁天島。3年前の冬にも来ました。

f:id:mailto1979:20220504214228j:image

f:id:mailto1979:20220504214248j:image

釣りや浜遊びをしている人がちらほら。いい季節ですね。ちなみに弁天島はサイクルコースからは外れています。

 

サイクルコースに戻り、渚園を横目にみながら、中之島大橋をわたります。

f:id:mailto1979:20220504214346j:image

先にみえるのが浜名湖ガーデンパーク。

そして、自転車専用道に入ります。このあたりはサイクリングをしている人も多数。みんな弁天島舘山寺をのんびりサイクリングしているようです。波打ち際を走るのは楽しいですね。

f:id:mailto1979:20220504214425j:image

舘山寺到着。

オシャレ、サイクルカフェなんかもあります。

f:id:mailto1979:20220504214443j:image

いい雰囲気ですね。

f:id:mailto1979:20220504214502j:image

こちら浜名湖パルパル。さすがGWということで激混みです。

 

舘山寺を出ると急に人が減ります。引佐細江に入ります。一番の奥のみおつくし橋で折り返し。

f:id:mailto1979:20220504214544j:image

この細江の湖岸にみおつくし(大阪市の市章にもなっています)が立っていて、浅瀬があることを知らせています。この風景は遠江八景にも選べれているということです。

 

東名高速浜名湖サービスエリアを越えて、奥浜名湖エリアへ。ボートや水上スキーなどのマリンアクティビティ屋がちらほら見かけられます。

f:id:mailto1979:20220504214602j:image

新瀬戸橋に到着。サイクルコース上を外れてしまいました…。

 

ここから猪鼻湖という浜名湖の奥にある隣接した湖を一周します。

 

天竜浜名湖線というローカル鉄道が並行して走っており、こんな写真がとれます。

f:id:mailto1979:20220504214627j:image

 

途中、三ケ日駅があります。三ケ日駅は駅舎を改装してハンバーガー屋さんになっています。時間があればここでランチはいいですね。

f:id:mailto1979:20220504214643j:image

実は弁天島から三ケ日駅までが浜名湖周遊自転車道として県が整備したものになります。たしかに風光明媚な部分が多分にあり、走っていて楽しい区間です。

 

ここからはバイパスを走ることになります。整備された車道で、快走できます。ただアップダウンはややあります。

 

無事、13:10に鷲津駅に到着。弁天島によったり、多少道に迷ったりしながら67キロ完走しました。4時間20分で一周できました。

f:id:mailto1979:20220504214705j:image

 

 

ほぼノンストップで走りました。ちなみに新瀬戸橋をわたり猪鼻湖をショートカットすると40分ほど削ることができます。

体力的には、この猪鼻湖あたりからしんどくなってきました(二川~鷲津を自転車で走ったこともありますけど)。

 

心地よい疲れとなり、鷲津駅の近くの中華料理屋で遅めのランチ。

f:id:mailto1979:20220504214727j:image

体がエネルギーを欲しています。ビール飲みたい。

本当は二川までまた自転車で戻ろうかと思いましたが、疲れたことと時間がなかったので断念。鷲津駅から輪行をして、名古屋まで帰宅しました。

 

ゴールデンウイークは気候もよく、サイクリング日和です。あと浜名湖では釣りをしている人も多数。浜名湖でも釣りもしたいなぁ。

 

おまけ:名古屋から浜名湖1周する場合は「名古屋~豊橋往復切符」がおすすめ

今回、起点を二川にしたのは、JR東海の「豊橋往復きっぷ」を使ったから。この切符、なんと土日だと1560円で、名古屋市内と豊橋・豊川地区を往復できます。さらにポイントは、名古屋市内の各駅を始発とすることができること、そして豊橋駅だけでなく次の二川まで行くことができます。

あとこの切符、乗り越し不可なのですが、実は事前に二川から先の切符を買っておけば乗り越し扱いにならないこともわかりました。

有人窓口で、二川~鷲津の切符も購入すれば、行きも鷲津駅スタートとすることができたようです。

ちなみに帰りも鷲津~二川の切符を購入し、改札で往復切符と一緒に出ればOKでした。

 

 

外国に行けない今読む旅行記~地上に星座をつくる/石川直樹

f:id:mailto1979:20220504100204j:image

登山家・冒険家・写真家である著者の7年間の旅のエッセイをまとめた一冊。

ヒマラヤ、ユーコン、南米、シベリア、そして国内の各地を巡って感じたことが、著者の感想とともにつづられています。

その文体が自然で、まるで旅先が日常の延長線上のようにつづられています。実際、ヒマラヤから帰ってきて日本の方が体調が悪くなるという記述もあったります。

つまり、著者にとって旅先こそが日常であるということが分かります。だから冷静に、日常を描写するように綴られているのでしょう。

まるでエッセイストが日々のちょっとしたことを綴るように。

 

著者の旅先でヒマラヤとともに多く登場するのが知床。最近、海難事故のニュースがある地です。

僕自身、一度北海道東部を旅行した時に、標津から羅臼峠を越えてウトロに入りました。この羅臼峠の急なこと!ふもとから見ると晴れ間に雲がかかっている程度。しかし車で峠に差し掛かると濃霧、一気に山を下るとオホーツク海というなんとも変化の激しいドライブだったことを思い出します。

著者はそんな知床の縦走もします。国内でヒマラヤに近い過酷な環境ということで選んでいました(クマとの遭遇の話が書かれています)。そんな過酷な自然が残る地域が知床です。

今回の海難事故は人災の要素が多分に報道されています。人の方がちっぽけという、地球本来の地で起こった事故。

実際、我が家も知床観光船には乗船したこともあります。あの時、船の上からみた自然(クマもいました)からすると、この地は人間がお邪魔させてもらっているという地域なんでしょうね。

 

 

あちこちに名作映画が登場~キネマの神様/原田マハ

f:id:mailto1979:20220426083019j:image

先日、原田マハの「暗幕のゲルニカ」を読んだと友人に伝えると、映画好きだったらこっちもということで貸してくれたのが、「キネマの神様」。

 

映画にもなっていましたね。

 

タイトルから勝手に『三丁目の夕日』的な少し前の映画がエンターテインメントの主だった時代の小説と思い込んでいました。

しかし舞台は、現在。名画座も出てきますが、どちらかというと家族の物語でした。かしこまった感はなく、出てくる作品も有名タイトルばかりで、それほど映画に詳しくなくてもわかる楽しめるエンタメ小説となっていました。

 

原田マハさんって、扱う題材はアートだったり、映画だったりちょっとかしこまったものが多いですが、スイスイ読めるのが魅力ですね。

 

lifeisashowtime.hateblo.jp

 

 

まさかのロシア人テロリストと対決。劇場版『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』を観てきた!@109シネマズ名古屋

f:id:mailto1979:20220424174928j:image

GWの定番映画である劇場版コナンの最新作を観てきました。コロナ自粛もだいぶ緩んでおり、かなりの人が入っていました。

今回のコナンは、渋谷が舞台。そして季節外れですがハロウィンがテーマとなっています。対峙するのはなんとロシア人テロリスト。

制作されていた時は、ウクライナ侵攻があるなんて思ってもみなかったでしょう。ロシア語も結構出てきます(灰原はロシア語も喋れるなんて!)。

 

3年前の事件と現在が交差する作り、渋谷という街を知っているか、敵の正体がわかりづらいなどがポイントで、子どもにはちょっと難しいかなぁというのが個人的な感想。

それでも10歳の息子と観にいきましたが、面白かったそうです。

 

理解力が上がったのかなぁ。息子の成長を感じるこのごろです。次に一緒に観るのは、『クレヨンしんちゃん』か『シン・ウルトラマン』あたりでしょうか。

映画が好きな息子に仕上がっていて、父としては嬉しい限りです。

 

www.conan-movie.jp