Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

映画

(映画)あんのこと@伏見ミリオン座~抜けれないループ。世知辛いこの世の中。

★★★☆ 21 歳の主人公・杏は、幼い頃から母親に暴力を振るわれ、10 代半ばから売春を強いられて、過酷な人生を送ってきた。ある日、覚醒剤使用容疑で取り調べを受けた彼女は、多々羅という変わった刑事と出会う。大人を信用したことのない杏だが、なんの見返り…

(映画)青春18×2 君へと続く道@109シネマズ名古屋~旅の本質を伝える映画、そして涙腺ゆるゆる

★★★★☆ 大学時代からやっていたバックパックの旅。就職をしてからも子どもができるまでは、休みを取っては世界をプラプラしていました。 旅、特に一人旅には魔法があり、不思議な一期一会出会いがあり、自分に向き合ったり、生きていく術を身に着けたり、生き…

(映画)ミッシング@イオンシネマワンダー上小田井~落としどころのない社会で。

★★★ 「ヒメアノール」「空白」の吉田恵輔作品。予告編で石原さとみが熱を持って訴えかけていたので観てきました。 さて本編ですが、「空白」にも通じる社会の理不尽とマスコミが登場します。母親の熱が伝わらない社会とマスコミ。諦めというか絶望というか。…

(映画)悪は存在しない@ナゴヤキネマ・ノイ~独特の緊張感とバランスを感じる映画

★★★☆ もともとシネマテークだった場所にクラウドファンディングで誕生した劇場「ナゴヤキネマ・ノイ」。名演小劇場もなくなった今、ミニシアターとしては、シネマスコーレのみだった(ミリオン座はもう少し大きいの資本系ということで除外)ので、新しい開館…

(映画)陰陽師0@109シネマズ名古屋~初めての陰陽師シリーズ

★★★ 息子が観たいというので、父子で鑑賞。 陰陽師シリーズはどうも食わず嫌いをしていたのですが、予想外に面白かったです。VFXの白組が入っています。 呪術を催眠術としてとらえており、特に催眠がかかったところをザ・VFXとして描いているところに好感が…

(映画)14歳の栞@センチュリーシネマ~監督舞台挨拶&上映会に行ってきた!

★★★☆ 2022年の個人的年間ベスト2位の『MONDAYS このタイムループ、上司に気づかせないと終わらない』の監督である竹林亮監督。本作は2021年に公開されたある春日部の中学校2年のクラスに密着したドキュメンタリー?映画作品である。 非常に興味深い作品だと…

(映画)劇場版 名探偵コナン 100万ドルの五稜星~函館に行ったことを思い出しながら

★★☆ 昨年、息子と旅行に行った函館が舞台ということで、コナンの最新作を息子と観てきました。前回の「黒鉄のサブマリン」が良かったので、果たして本作はと思って観ていましたが、今回は詰め込みすぎじゃない……。 とにかく怪しい伏線がちりばめすぎていて、…

(映画)オッペンハイマー@伏見ミリオン座~ノーランによる文学的法廷劇

★★★☆ アカデミー賞総なめの注目作品。いやぁ情報量が多すぎて一回で処理できません。原爆の父の栄光と苦悩を描くという前情報で観に行きました。それを普通に時系列でやるのではなく、法廷劇として時間軸を組み替えながら描いていくあたりは、さすがノーラン…

(映画)52ヘルツのクジラたち~その声が届く人がいるという物語

★★★☆ 「市子」ですっかりファンになってしまった杉咲花主演。 “52ヘルツのクジラ”とは、他の仲間たちには聴こえない高い周波数で鳴く世界で1頭だけのクジラのこと。海の中で鳴き続けても届くことはない。 本作は、家庭に人生を搾取されてきたキコ(杉咲花)…

(映画)夜明けのすべて@109シネマズ名古屋~どこまでも優しい世界で。

★★★★ PMS(月経前症候群)のせいで月に1度イライラが止まらなくなってしまう藤沢さん(上白石萌音)。同じ会社で働くパニック症候群を患った過去をもつ山添くん(松村北斗)。 二人の恋人でも友人でもない同僚というか同志のような絶妙な関係が見事でした。…

(映画)カラーパープル@109シネマズ名古屋~黒人同士を中心に家庭内暴力・虐待・女性蔑視を描いた作品

★★★ スティーブン・スピルバーグが1985年に手がけた同名映画をミュージカル映画としてリメイクした「カラーパープル」を観てきました。 ほとんど前情報なく観たのですが、黒人VS白人という要素も一部あるのだが、それよりも黒人間の家庭内暴力や虐待、女性蔑…

(映画)哀れなるものたち@伏見ミリオン座~欲について考えさせられる一本

★★★★ 本年度アカデミー賞最有力作品ということで早速観てきました。 ”ゴッド”と称されるサイコな外科医によって、赤ん坊の脳と大人の身体を持って再生されたベラ。体と頭が追い付いていない状況から、それが頭が体に追いついていく様子が一種ファンタジー的…

(映画)枯れ葉@伏見ミリオン座~北欧の高福祉を支える階級を描く

★★★ フィンランドの名監督アキ・カウリスマキが引退宣言を撤回して撮った最新作。といいつつカウリスマキ作品は初めてでした。 北欧というと高い福祉水準というイメージですが、本作で描かれているのはそうした高福祉を支える階層のお話。監督の多くの作品の…

(映画)窓ぎわのトットちゃん@109シネマズ名古屋~子どもと戦争とチンドン屋

★★★☆ 黒柳徹子の幼少期を描いたベストセラーのアニメ映画化。 本作のテーマはおそらく2つ。ひとつはトットちゃんのトモエ学園での学園生活。もうひとつは戦争。ただ戦争の部分は、本編の終盤にしか出てこず、主にトットちゃんの幼少期の学園生活について描…

2023年映画ベスト5とワースト1

2023年は、30本の映画を劇場鑑賞することができました。目標である30本を超えることができました。特に12月は7本も鑑賞し、最後に追い込んだ1年でした。 2023年鑑賞映画 ベスト5は? 第5位 seach #サーチ2 前作も好きだったシリーズの2作目。すべてパソ…

(映画)劇場版 SPY×FAMILY CODE: White@109シネマズ名古屋~子どもが喜ぶのであれば

★★★ 2023年の映画締めは子どもと一緒に「SPY×FAMILY」を観てきました。多少、漫画を読んでいたので設定は知っていたうえでの鑑賞です。 オリジナル脚本ということで、アニメ版をほとんど見ていなくても楽しめました。 アーニャは可愛く、チチとハハとの家族…

(映画)PERFECT DAYS@伏見ミリオン座~繰り返す日常。ささやかな波がある日を描く。

★★★☆ 現代版ロスト・イン・トランスレーションというのでしょうか。東京という街を舞台にした役所広司演じるトイレ清掃員の日々を描いた作品。 規則正しく、繰り返される生活。その中で木漏れ日のようにささやかな波が日常に押し寄せる。そのささやかな波の…

(映画)鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎@109シネマズ名古屋~水木しげるが体験した戦中・戦後の要素が多分にある1作

★★★☆ 評判が良くて観にいってきました。公開からかなり経っていましたが、それなりにお客さんが入っていました、 鬼太郎の父の物語。 戦争体験をした原作者の水木が、ある村に忍び込む。そこで鬼太郎の父と出会い、村の秘密と悲劇に触れていくという物語。 …

(映画)翔んで埼玉 〜琵琶湖より愛をこめて〜@109シネマズ名古屋~茶番劇の第二章は関西へ

★★☆ 前作『翔んで埼玉』が面白かったので(観たはずなのですがブログに記録がなく、もしかしたら配信だったかもしれません)、続編を観てきました。 関西編ということで、期待をしていたのですが、正直そこまでだったかなぁというところ。 確かに滋賀県にお…

(映画)市子@伏見ミリオン座~天使か悪魔か。すべては生きるために。

★★★★ 先日の「ナポレオン」に続いて鑑賞してきました。 これは傑作でした。 プロポーズを受けた翌日に姿を消した女「市子」を演じる、杉咲花の演技が素晴らしいすぎる。 ストーリーとしては、序盤からわかりやすい伏線がはられており、どちらかというと脚色…

(映画)ナポレオン@109シネマズ名古屋~英雄?悪魔?それとも気弱な独裁者か?

★★★ リドリー・スコット&ホアキン・フェニックスということで観てきました。これぞ映画の大作という2時間半の超大作でした。 最初のトゥーロンの戦いで怖気けながらも圧倒的な勝利から始まり、アウステルリッツの戦いの湖上の戦闘シーンで頂点に達する彼の…

(映画)ゴーストワールド@伏見ミリオン座~リバイバル上映。ゼロ年代の低体温系青春映画の傑作。

★★★☆ ソーラ・バーチとスカーレット・ヨハンソンの若き時代の青春映画のリバイバル上映。なんと2001年公開映画なのですね。 バカなクラスメイト、つまらない大人たち 死んだ町をぶらぶら彷徨い歩く 世界にうまく馴染めない ふたりの少女の分かれ道 キャッチ…

(映画)ゴジラ-1.0@109シネマズ名古屋~”ゴジラ”を山崎貴フィールドに持ち込んだという作戦勝ち

★★★☆ 『シン・ゴジラ』から7年。まずは『シン・ゴジラ』の後のゴジラ作品を受けたことに敬意を表します。 とはいえどうも不安要素がぬぐえないのが山崎貴監督作品……。ということで期待をせずに観にいったのですが、あっぱれ面白かったです。 ゴジラ映画だか…

(映画)ザ・クリエイター 創造者@109シネマズ名古屋~近未来、AIと人間が共存する社会

★★★ あまり考えずに観れる映画はないかなぁと思って観た映画。 遠くない未来、人を守るはずの AI が核を爆発させたー。人類 AI の戦争が激化する世界で、元特殊部隊の〈ジョシュア〉は人類を滅ぼす兵器を創り出した“クリエイター”の潜伏先を見つけ、暗殺に向…

(映画)アアルト@伏見ミリオン座~フィンランドの建築の巨匠の伝記

★★★ コルビジェと並ぶ近代建築の巨人、アアルト。フィンランドの建築家です。すみません、映画を観るまで知りませんでした。 伝記映画ということで、アアルトの周りの人の証言で構築されています。 最初の妻、アイノとともに作ったデザイン。面白いのは初期…

(映画)ミステリと言う勿れ@109シネマズ名古屋~菅田将暉映画…

★★☆ みんな大好き菅田将暉のふわっとした映画になります。 ドラマも原作も接していましせんでしたが、映画.comの評価が高かったので、観にいってきました。 新感覚ミステリーというキャッチフレーズがついていますが、確かにミステリーというにはどうも軽す…

(映画)グランツーリスモ@109シネマズ名古屋~ゲームとリアルをつなぐ実話ベースの話。車版トップガンかクリードか⁉

★★★★ 完全に舐めてました。 シムドライバー、つまりゲームのドライバーを実際に養成し、本物のレーサーにする。果たして、通用するのか……。 まず題材が面白いと思ったら、なんと実話をもとにしたストーリーということで、こういう取り組みがされているという…

(映画)SAND LAND@109シネマズ名古屋~鳥山明ワールド全開!

★★★ たまたま映画館に貼っていたポスターで作品のことを知り観にいった作品。 鳥山明の伝説的作品を原作ということで、「ドラゴンボール」「ドラゴンクエスト」「アラレちゃん」で育った世代としては、やはりそのイラストのインパクトが大きいです。 わかり…

(映画)インスペクション ここで生きる@伏見ミリオン座~LGBTにとっての軍隊。軍隊は逃げ場なのか。

★★★ 監督の経験から着想を得たマイノリティ視点での軍隊のお話。 ゲイでホームレスであった主人公。ゲイであるため母親からは認めてもらえず、母に認めてもらうために海兵隊に入隊する。 しかし当時の海兵隊では、同性愛者は入隊できない。そこを自分と向き…

(映画)ミッション:インポッシブル デッドレコニング PART ONE@109シネマズ名古屋~映画とはが分かっているトムクルーズ最新作!

★★★☆ 昨年、コロナ禍でしぼんでいたエンタメ業界に、『トップガン』でこれが映画だということを示したトム・クルーズ。 『トップガン』に続いて、本作も彼が考える「映画とは」「映画館で観ることとは」ということを示した作品になっていました。 冒頭の潜水…