読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(読書)太陽の塔/森見登美彦

読書

図書館でたまたま見つけて、読んだような気もするけど…と思いながらの再読です。

『夜は短し、歩けよ乙女』の森美登美彦による京都&学生という設定の小説です。今回はイケてない(あとがきの本上まなみ嬢がいうところによるとヘモい)男子大学生が主人公。

悶々とそして時間だけはある男子大学生について書かれています。同じく京都で大学時代を過ごした身としては、河原町百万遍白川通祇園会館の2本立てなんてフレーズだけで楽しめます。

あらすじは高橋源一郎ばりにわけわかりませんが、これもまた京大らしいということで。クライマックスの河原町を舞台にした「ええじゃないか」騒動は読みどころでした。

 

京都で学生時代を過ごせたことは、今となっては宝だなぁとつくづく思います。

 

当時は全く楽しくなかったけど、、。

 

ちなみにブログを書くにあたり調べてみたら2010年にやはり読んでおり同じような感想を書いていましたね。

 

太陽の塔 (新潮文庫)

太陽の塔 (新潮文庫)