読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(旅行)父と子で行く九州旅行記~まとめ

f:id:mailto1979:20141126082850j:plain

今回、2泊3日で行ってきた阿蘇&別府旅行についてまとめておきます。

旅行代金まとめ

航空券代:¥30,410

     *¥14,200(FDA:名古屋~熊本)

     *¥14,110(ANA:大分~中部)+¥2,100(株主優待券落札代)

宿泊代:¥13,780(阿蘇:¥4,500 別府:¥9,280)

レンタカー代:¥18,942(免責・ジュニアシート代・乗り捨て代込)

食費・観光費など:¥15,000ほど

合計 約80,000円

という内訳になりました。

まずレンタカー代高すぎです。やはり乗り捨て代って結構します。こればかりは今回のようなルートを組んだ場合、どうしようもないですね。

あと宿代も別府のあの宿で9000円は高いかなぁ。また今回マイルが使えなかったのが痛いです。ユナイテッド航空で貯めているのですが、改悪に次ぐ改悪、さらに欲しい時間の割り当てがないなど使い勝手が悪いです。そろそろマイルをやめるときかもしれません。

マイルが使えない中で今回、ANA株主優待券をヤフオクで落札して株主料金で乗りました。それでも高いといえば高いですけど。

旅行の予約は早めにするべき

今回の旅行に関して、直前まで松山か九州で迷っていました。そのため宿がどんどん埋まっていきました。予約は早くが基本ですね。

早めですと、今回のようなオープンジョーの形でもツアーで販売されていたりします。国内旅行はツアーが一番お買い得のことも多いのでこうした選択肢のためにも早めの計画が大事です。

温泉と子連れ旅行

阿蘇、別府と温泉地を泊まり歩いた今回の旅行。3歳ぐらいの子供との旅行には温泉旅行も有効だったと実感しました。

肌がもともと弱い我が息子にとって温泉は、多少なりとも効能があったようです。なにより広い湯船で遊ぶ我が子はかわいかったです。

本当は滞在型が望ましい

今回、阿蘇と別府と2カ所を泊まりあるく形の周遊型でした。子連れならば一ヶ所を拠点にする滞在型の旅行の方が楽です。子連れだとただでさえ1カ所あたりの時間がかかりますし、また11月ですと日が落ちるのが早く、意外に行動時間が限られます。
余裕をもった観光スケジュールを組むべきでした。

アジアからのインバウンド客が多い九州

これはすでに九州に限ったことではないかもしれませんが、韓国、中国からの観光客が多かったです。特に阿蘇はかなり目立ちました。
すでに日本の観光産業ってアジアからのインバウンドがないと成り立たないということでしょうか。
一方、別府は多少白人も混じっていた様子です。宿泊したホステルがインターナショナルホステルだったからかもしれません。このインターナショナルホステルですが、東京、京都、福岡となぜか別府にあります。日本人からは団体客向け的な印象で敬遠されがちな別府ですが、外国からの観光客受けはいいのかもしれませんね。