読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(読書)「Chikirinの日記」の育て方/ちきりん 初めてkindleで読んだ本

読書

 先日、ついにkindleを購入したエントリーを書きました。

AMAZON サイバーマンデーで、ついにKindle Paperwhiteを購入! - Life is a showtime

でそのkindleで初めて読んだものがこの本になります。Amazon プライムに入っていると月に1冊無料でダウンロードできるのですが、その中に入っていたのでダウンロードしてみました。

 

以前から時々読んでいたブログ「Chikirinの日記」の著者によるブログ運営について徒然と書かれたものです。

昔から私にとって日記とは「今日はこんなことを考えた」という思考の記録

だとか

ブログの起点は、「これについて書く」とか「この本を紹介する」ではなく、「このことを伝えたい!」というメッセージの発生から

という風にあくまでパーソナルメディアとして役割をブログに求めるスタンスが強調されています。

 

また彼女の人生感もよく出ています。一番大事なものは時間!と言い切ります。そのため取材や寄稿に対するスタンスも明確です。

・時間や手間がかからないか

・ブログを読んでほしいと考えている読者(以下、想定読者)を増やせるか

こうやって判断の基準を明確にすると、どんな依頼がきてもすぐに結論が出せます。

1.時間も手間もかけずに、想定読者が増やせる企画 = 引き受ける

2.時間も手間もかかるが、想定読者がかなり増える企画 = 効果が高いモノのみ引き受ける

3.時間や手間がかかるのに、想定読者が増えない企画 = 断る

4.時間や手間はかからないが、想定読者も増えない企画 = 断る

マトリックス的な考えで明確ですね。

こうしたライフハック的な要素もありながら、考察に触れることができ、平易な文章で読むことができるというのが魅力なんでしょうね。

「Chikirinの日記」の育て方

「Chikirinの日記」の育て方

 

 

 ちなみに紙媒体のものもあります。

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記