Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(映画)バッド・ジーニアス 危険な天才たち @センチュリーシネマ~今年、1番の映画来た!!!

f:id:mailto1979:20181112202756j:plain

 

★★★★☆

 

噂を聞いて鑑賞。

アジア各地でタイ映画史上興行成績を塗り替えるヒットとなっている映画ということ。まぁタイ映画といわれてもほとんど思いつかないのですが……。

 

舞台は高校。カンニング(そしてそれでお金儲けも)を試みがテーマ。学園のものの映画だとおもって舐めていてはいけません。あっという間の2時間10分でした。現時点では今年最高の1本となりました。

 

(以下、ネタバレあり)

 

まずカンニングシーンの映像の凄さ。徐々にスケールアップする3回のカンニングシーン。最後の世界を舞台にした30分におよぶ最後のカンニングシーンは、これはもうサスペンス映画そのもの。カット割りも細かくテンポがよく、それが心理的な緊張感を高めます。そして音楽もそれを増幅させます。

 

もうひとつの見どころは、取り巻く社会的構造を的確に表現していること。主人公のリンは、父子家庭の才女。最後に正義感が強いもののパートナーを組むことになるバンクも、同じく母子家庭という苦学生。一方、リンと友人になったグレース、そしてグレースの彼氏パッドは共に金持ちの子女。

お金がある・ない、それぞれの立場をあっという間に描き切り、その社会的問題をそれとなく示したところはあっぱれです。

 

また、高校生らしく男女の恋仲的なものも描かれそうで描かないあたりも好感が持てます。リンとバンクはそれぞれ似た境遇を持っています。片親家庭ということ、貧困層であるということ、そして頭が良いこと。似た同士ひかれあう部分もあったと思います。ただそこをはっきりとは描かない。この奥ゆかしさがなんとも高校生っぽいではないでしょうか。

 

エンディングのメッセージである

 

私の人生は、私が決める。

 

そんなメッセージがこころに刺さります。

なんにでもなれそう、だけど現実も見え始めている、そんな10代の葛藤と苦悩と冒険が印象に残る一本でした。

 

maxam.jp

揖斐川ワンダーピクニック2018に行ってきた!~地域の祭りの次の形~

最近はやりのマーケット+音楽というフェス形態。4年前に立ち上がった揖斐川ワンダーピクニックという岐阜県揖斐川町で開催されるフェスに行ってきました。

f:id:mailto1979:20181107092735j:image

会場は三輪神社という境内を中心とした小さな町の一角。そしてライブ会場はそこから15分ほど山を登ったところの小さな原っぱ。

f:id:mailto1979:20181107092757j:image

フェスといってもマーケットエリアは入場無料。三輪神社の境内を中心に50店舗以上のオシャレクラフト&フード店が並びます。

今年は人数が多いようで、フードなどはかなりの行列でした……。

f:id:mailto1979:20181107092915j:image

三輪神社境内では竹明かりやおみくじを結んで作る茅の輪、そして神輿の前でバランスボールストレッチなどなんでもあり。主催者のやりたいことが詰め込まれたカンジです。

 

ライブエリアまでは山を15分ほど登るのですが、竹林を見ながら登るアスファルトの道と鬼クエストという鬼にまつわるものを見つけながら登る山道コースがあります。

子どもたちは鬼クエストという響きにやられて山道を登っていきます。

f:id:mailto1979:20181107092844j:image

高台にある見晴らしの良い場所にはオフィシャルドリンクバーが設置されていたり、山の上のお寺で地獄絵図について和尚に解説をしてもらったりとここにしかないアトラクションも楽しめます。

このここにしかないというところが重要ですよね。

 

ライブは山の中腹の芝生広場。如何せん出入り口が狭すぎて、何かあった場合はどうするのだろうと不安になってしまいます。観たのはChara。往年のヒット曲をいっぱいやってくれましたが、声が……。やっぱり出ていませんでした。

まぁ雰囲気ものですからね。

地域の祭りの次の形か

他のエリアからの集客をして地元にお金が落ちる(ただ出店マーケットの多くは他エリアなのですが…)仕組。

地元の住民がやろうということで実施されたこのイベント。フェスというよりもその雰囲気は地域の祭りの次の形なのだと思います。

 

今、マーケットがあるフェスが全盛になっています。露店のかわりにオシャレなマーケット。盆踊りや山車のかわりに音楽ライブ。

そう考えるとこう言った地域フェスは地域のお祭りの次の形とも言えます。

来場者も単なる音楽フェスが若者に限定されるのに対して、女性を中心とした若者、カップル、そしてファミリー層と来場年齢層も幅広くなっています。

なにより地域の人が主体となってイベントを運営しているところこそが大事なのだと思います。東京主体の資本の力によるエンターテインメントとはまた違った魅力があります。こういうことの方が最近、魅力を感じる日々です。

 

おそらく自分が年を取ったのと居を構えたからでしょうけど。

wonderpicnic.com

(旅行)父と子で福岡&佐賀旅行~佐賀バルーンフェスタ・吉野ケ里遺跡編

日本シリーズ 第五戦の敗戦から一夜。宿に戻ったのは11時半でした。翌日は名古屋へ飛行機で戻るのですが、なんと予定してした飛行機が機材変更で2時間近く遅れ18:10出発となるメールが届きました。予想外に九州の滞在時間が伸びました(ラッキー)。

佐賀バル―ンフェスタへ

今回の旅行は、あくまで日本シリーズが目的だったのですが、ちょうど佐賀で佐賀バルーンフェスタが開催中ということで向かいます。実は3年前にも行っています。

lifeisashowtime.hateblo.jp

とてもフォトジェニックなイベントで、河川敷に一斉に並ぶ気球たちの光景は圧巻でした。

会場には佐賀駅から2駅佐世保側に行った「バルーンさが」という臨時駅が設けられています。福岡からは約1時間。朝は特急も停車します。JR九州でもフリーきっぷを発行していたので、これを利用します。

佐賀バルーンフリーきっぷ|JR九州

 

福岡からは約1時間。朝8時半ごろの特急「みどり」に乗車。4歳の息子は特急電車に大興奮。博多駅には「ソニック」やら「かもめ」といったカッコいい特急電車がいっぱいで、確かに少年心をくすぐりますね。

f:id:mailto1979:20181105091028j:image

バルーンさが」駅に着いたのは9時半。ちょうどバルーンファンタジアという、変わった形の気球がいっぱい係留されていました。晴天にバルーン。絵になりますね。

ただ風が出て来たらしく10時ごろには撤収されてしまいます。

 

同時開催の物産店テントを物色し、早めの昼食をとったりします。カレーが350円と非常に良心的です。

佐賀といえば吉野ヶ里遺跡

午後のバルーン競技が15:00からということで、かなり時間があります。ということで先ほどのフリーチケットを使って吉野ヶ里遺跡に行ってみます。バルーン佐賀駅から約20分ほどで最寄り駅に到着です。無料でシャトルバスも出ていました。

f:id:mailto1979:20181105091044j:image

行ってビックリ、吉野ケ里遺跡って超広大な公園になっています。おそらく全部見て歩くのには半日は必要。

ということで北城郭と南城郭だけに絞ってみていきます。見るといっても遺跡の上に再現された弥生時代の建物がたっているというもの。頭の中にはレキシの曲の♪「縄文土器弥生土器、どっちがすき?」というフレーズが連呼しながら見ていきました。

 

北城郭にある物見やぐらや神殿はなかなかの高さで、帰りの電車からもよく見えていました。確かに大きな建物で古代からこれがあったとすると、威圧感はあったでしょうね。

 

ワークショップで勾玉づくりは火おこし体験があったのですが、息子はそれよりも古代人の戦闘員の恰好をして、剣を振り回していました……。

 

 

吉野ヶ里遺跡を観た後、バル―フェスタに戻ったのですが、残念ながら午後の競技は中止に…。一旦は一斉離陸があるというアナウンスだったのですが、やはり風の影響で中止判断となりました。残念。

それにしても平日の午後にも関わらず、多くの方が来場していました。非常に雰囲気がいい会場でした。のどかな秋の午後って感じです。

 

それにしてもここ数年で2回も佐賀県に行くことになるとは思ってもいませんでした。

(旅行)父と子で福岡&佐賀旅行~ヤフオクドーム編

f:id:mailto1979:20181104203323j:plain

今回の福岡旅行の最大の目的、日本シリーズ 広島対ソフトバンク戦。マツダスタジアムのチケットは手に入らなかったのですが、ヤフオクドームの第五戦を手に入れることができました。

それもビジター応援指定席という外野レフトスタンドの応援席になります。

f:id:mailto1979:20181104203343j:plain

ヤフオクドーム自体は2回目の観戦。前回は出張次いでにソフトバンクオリックスの試合を観戦しました。

 

ヤフオクドームの凄いところは大ビジョン。バックスタンドのワイドビジョンに加えて、ホーム側にも大ビジョンが設置してあり、外野のお客さんも楽しめます。

ビジター応援指定席で、かつ子連れということもあり両隣の方から話しかけられます。ひとりは奈良からで(マツダスタジアムの伝説の1戦目も観戦)、反対側の方は東京と大阪から観に来たということです。もはや広島でも福岡でもありません……。

まぁカープが強いのは今だけということをみんな知っています。

 

試合は、4時間を超える熱戦。まさしくシーソーゲーム。ホームランがバンバン飛び出します。そして10回裏、柳田のサヨナラホームランで5対4で終了となんとも呆気ない幕切れでした。

簡単には勝てない、そして日本一にさしてくれない。これがカープらしいのですが……。

 

4歳の息子は途中でダダコネがはじまりましたが、ヤフオクドーム良いところは球場を出たところにファミリーマートがあり、ここでアイスクリームなどを買うことができます。これには大助かり。

試合終了は11時をまわっていました。息子は最後は寝ていました……。

バスで祇園町の宿へ。230円で行けるのは福岡がコンパクトシティで良いところですね。

 

日本一はお預け。また楽しみが伸びました。死ぬまでに日本一見れるかなぁ……。

(旅行)父と子で福岡&佐賀旅行~世界遺産 宗像大社&博多総鎮守 櫛田神社編

2年ぶりの日本シリーズになった広島カープ。2016年も日本シリーズではマツダスタジアムで観戦をしました。今回もチケットを狙ったのですが取れず…。しかし意外にも第五戦の福岡ドームのビジター指定席チケットを買うことができました!

前回は長男と行った日本シリーズですが、今回は4歳の次男と向かいます。

lifeisashowtime.hateblo.jp

まずは世界遺産 宗像大社

名古屋から福岡までは、新幹線で向かいます。3日前までに予約すると14,000円と未就学児を連れてだと新幹線の方が安いです。

ただ3時間半もかかりますが……。

 

博多に到着したのが12時前。試合開始が18:30ということでどうしようか迷った末、世界遺産に登録された宗像大社に向かいます。

博多駅から東郷駅へ。そこでランチをして、バスで宗像大社前までの小旅行です。

そういえば前回広島に行った時も試合前に厳島神社に行きましたね(これまた世界遺産)。

lifeisashowtime.hateblo.jp

 

f:id:mailto1979:20181104201702j:plain

東郷駅からバスで15分ほどで宗像大社に到着です。

宗像大社は、九州本土にある辺津宮、大島にある中津宮、そして沖ノ島にある沖津宮の3宮で構成されています。今回は時間がないので、辺津宮にだけお詣りしました。

本当は船に乗って大島も行きたかったのですけどね。

古事記」「日本書紀」にも登場する宗像大社。祭神は、天照大神御子神である三女神。皇室・国家の守護神ということです。

 

f:id:mailto1979:20181104201746j:plain

 

 

まずは本殿・拝殿を参拝。

その後、第二宮、第三宮を参拝しました。この第二宮、第三宮は、沖津宮中津宮の分霊が祀られていて、宗像三宮をお詣りしたことにできるようになっているということです。この第二宮、第三宮ですが、並んで建てられており、まるで伊勢神宮みたいです。

f:id:mailto1979:20181104201855j:plain

そして森の丘を進んだ先にあるのが高宮祭場という場所。古代祭場でありどこか神秘的な雰囲気です。

 

帰りに社務所に戻って御朱印をいただきます。こちらが宗像大社御朱印になります。

 

f:id:mailto1979:20181104201925j:plain

帰りの東郷駅行きのバスはなかなか来ずに、コミュニティバスでとなりの駅近くまで行き、徒歩でJRを目指しました。本当は評判のいい「道の駅むなかた」とかも行きたかったのですけど。

試合前に博多総鎮守 櫛田神社にも参拝

博多に戻り、祇園町の宿にチェックイン。まだ試合開始まで時間があったので宿から5分のところにある櫛田神社にも参拝してきました。博多総鎮守であり、御神徳としてはやはり商売繁盛、そして不老長寿ということです。

博多祇園山笠櫛田神社の催事、博多どんたくの博多松囃子は櫛田神社を出発点にしています。

 

f:id:mailto1979:20181104202022j:plain

境内は都心の神社らしく、コンパクトにそして豪華にまとまっています。

こちらが御朱印。達筆ですね。

 

f:id:mailto1979:20181104201954j:plain

ちなみにオリジナルの御朱印帳には山笠の柄があってこれは良いなぁと。

 

さぁいよいよ試合です。

 

(映画)ザ・アウトロー@109シネマズ名古屋~硬派なクライムアクション映画

f:id:mailto1979:20181027133502j:plain

 

★★★

 

時間があり映画でも見ようということで観に行った映画。

 

48分に1回、銀行強盗が起こる街、ロサンゼルスを舞台にした、銀行強盗と警察のクライムアクション映画。いかにもアメリカっぽい映画です。

冒頭の銃撃戦(クライマックスにもあります)から惹きつけられます。この臨場感はやはり映画館で味わいたいところです。

ちなみにタイトルにあるアウトローというのは犯罪集団側ではなく、警察側のこと。型破りなアウトローな刑事の離婚劇の部分はなくてよいのではということで、減点。これがなければ120分で収まっていたでしょうし。

 

それでも140分を超える大作ながら長さを感じさせないのは、やはり面白いからでしょうね。

 

the-outlaw.jp

THEドラえもん展 NAGOYA 2018@松坂屋美術館~みんなのココロの中のドラえもん

f:id:mailto1979:20181023203503j:image

パルコの株主優待で、パルコギャラリーのパスをいただきました。こちら実はパルコギャラリーだけでなく、大丸松坂屋の有料催事にも入場することができます。

今回はこれを利用して名古屋・松坂屋本店で開催中の『ドラえもん展』に行ってきました。

様々なアーティストにドラえもんをテーマにして作品を作ってもらう

このドラえもん展のコンセプトは、現代アートのアーティストや画家、写真家、造形化、ファッションデザイナーらに依頼して、あなたのドラえもんを作ってくださいというものでした。

 

いくつかお気に入りがありますが、一番は蜷川実花のこの写真。

f:id:mailto1979:20181023203520j:image

子どもは背中を撮れという名言がありましたが、ドラえもんもそれを慕う大人も背中からとることで、どこかしら大人の中にある子どもらしさを見ることができます。

そして、誰のココロの中にもあるドラえもん

 

f:id:mailto1979:20181023203537j:image

 

みんな大好きドラえもん。とっても大好きドラえもん

 

dora-world.com