Life is a showtime

やりたい事とか日記とかをつれづれなるままに……

(読書)都市計画の世界史/日端 康雄 

実は私、都市計画好きなんです。正確には街というものに興味があるのです。ということで本書を手に取りました。

僕の中の都市計画熱を呼び覚ましたのが、かの有名な「シムシティ」。

もう箱庭的な可愛らしい街をつくりたいと思うのは最初だけで、そこに平野があるかぎり、ひたすら開拓を続ける僕。

それは格子状の街で人口増大を目指します。

しかし、途中からどうも面白くない、無味乾燥な街になってしまう。。。。

 

本書では、都市の歴史からどうして現在のような都市計画になったかということを読み解きます。

古い街は、中世までの街は城壁で囲まれていた。しかし火薬の発明により城壁の意味がなくなり、城壁が取り払われていったということです。

ちなみに日本は、城壁がある町はほとんどない。これは海で囲まれ外敵が来ないからということでした。

都市へ人口集積の過程において城壁を取り払い、高集積が可能な格子状の街並みが形成されていくということです。

ルネッサンス期に入ると中世回顧もあり広場や大通りが建設されるようになります。

近世では、都心への人口集中を回避するため、田園都市計画(ハワードですね)が試まれたり、多核都市などという都市計画(東京の副都心計画)がすすめられたりしています。

 

僕がシムシティで格子状の街ばかりつくるのは人口集積を図ってしまうからなのですね。

 

都市は、ヒトもモノもカネも集積するものです。だからゲームでも人を集めようとしてしまうのは人間の性なのでしょうか。

結果、東京は日本中の資源(ヒトもモノもカネも)を吸って生きています。これは以前読んだ、「地形から読み解く」シリーズでも感じたことです。つまり年には後背地が必要だということ。

lifeisashowtime.hateblo.jp

 

インターネットやITの発達で、この後背地理論が少しでも緩和されればいいのですけど。

日本において一番の不安材料は少子化です。この一番の原因は都市化、東京一極と考えます。

かつて火薬の発明が城壁を取り払いました。インターネットやIT技術によって人口集中が緩和されることになれば、日本にも未来があるかなぁなんて思っています。

 

都市計画の世界史 (講談社現代新書)

都市計画の世界史 (講談社現代新書)

 

 

三河国一之宮 砥鹿神社に行ってきた!

三河に行く用事があり、ついでに豊川市にある三河国の一之宮である砥鹿神社(これで”とが”と読みます)というところにいってきました。

豊橋駅でJR飯田線というローカル線に乗り換えます。豊川までは本数がまだあるのですが、砥鹿神社の最寄り駅である三河一宮(わかりやすい駅名ですね)へは1時間に1本程度。上手く時間を合わせないといけません。 

f:id:mailto1979:20171104195643j:plain

三河一宮駅は無人駅。一応、寺社風の駅舎になります。

 

f:id:mailto1979:20171104200428j:plain

砥鹿神社は三河一宮駅から徒歩で5分ほど。

本宮山を奥宮にもつのが砥鹿神社になります。大己貴命(おおなむちのみこと)が国土を開拓し、諸国をまわっているときに三河国を訪れます。「本茂山」(本宮山)に留まって、この山に止め置く場所(止所(とが)の地)としたことを由来にもつということです。

f:id:mailto1979:20171104195716j:plain

こちら西参道。その横には田舎の神社らしく駐車場が大きく、車祓いも大々的に受付いました。

f:id:mailto1979:20171104195805j:plain

拝殿は、昭和になってつくられたということで綺麗でした。11月ということもあり七五三のお参りする家族連れが多数います。華やかでいいですね。

f:id:mailto1979:20171104200313j:plain

また境内に日本一大きいさざれ石が祀られていました。君が代にも歌われる”さざれ石”ですが、日本のあちこちに”さざれ石”が祀られています。小さい石があわさってできた岩なのですが、砥鹿神社のものは2m以上あります。小さい民があわさって国を作るという意味で歌われているのでしょうね。

御朱印もいただきました

コンパクトにまとまった里宮で、拝殿の手前にある社務所御朱印もいただきました。三河国一之宮の印入りです。

 

f:id:mailto1979:20171104195909j:plain

やっと愛知県の2つの一之宮をお詣りすることができました。

 

www.togajinja.or.jp

(旅行)家族で行く山梨・静岡~沼津港深海水族館へ行ってきた!

三島に一泊したあと、名古屋に帰る前に寄ったのが沼津港深海水族館になります。台風が来る中、港に向かう無謀さ…。

沼津には、深海魚水族館が作られた訳がある

日本人は水族館好きである。250館ほどあるようで、人口あたりの水族館は世界一ということです。そんな中、沼津にあるのが日本唯一の深海魚専門の水族館になります。オープンは2011年と最近のオープンの水族館です。

沼津港の横にありこの深海水族館を中心に飲食店などが並び、港の再開発がされています。この水族館って地元の水産業者がお金を出して建設したようです。

f:id:mailto1979:20171028114634j:plain

沼津港がのぞむ駿河湾は、2500mの深海がある日本一の深海湾となっています。地図をみると糸魚川構造線の延長線上になっているのですね。

だから沼津に深海魚水族館なんですね。

 

深海魚とともにシーラカンスを展示

沼津港水族館の1階では駿河湾の深海魚らを展示しています。小さいながらも美しいです。

f:id:mailto1979:20171028114645j:plain

f:id:mailto1979:20171028114719j:plain

2階には、もう一つの目玉であるシーラカンスの冷凍と剥製が展示されています。

 

生きた化石といわれるシーラカンス。冷凍シーラカンスが観ることができるのは世界唯一ということです。

 

決して大きい水族館ではないですが、専門水族館ならではの魅力が詰まっていました。

 

www.numazu-deepsea.com

(旅行)家族で行く山梨・静岡~須山浅間神社へお詣りしてきた!

富士サファリパークから次の宿泊先である三島までの間に見かけた、須山浅間神社にお詣りをしてきました。

 

f:id:mailto1979:20171028113103j:plain

整備された駐車場から徒歩5分ほど。小川の流れる橋の向こう側に須山浅間神社があります。小さい神社なのですが、杉の巨木の中にあるこの神社は神秘的でした。

f:id:mailto1979:20171028113444j:plain

須山浅間神社は、須山登山口の起点になった神社です。ここから山頂を目指したんですね。そして「富士山 信仰の対象と芸術の源泉」の構成遺産として世界遺産登録されている神社になっています。

短いけれども荘厳な参道。そして境内内の杉の巨木。社務所の方に教えていただいた1本は40mほどあり、ウルトラマンと同じ高さだよと教えてもらいました。

御朱印もいただきました!

世界遺産登録の神社とはいえ、マニアックのため、社務所が開いているのは週末だけのようです。たまたま訪れたのが土曜日だったので、御朱印をいただくことができました。

f:id:mailto1979:20171028113111j:plain

どうも近所のボランティアのような方が社務所を切り盛りされているようです。

須山浅間神社/富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報

(旅行)家族で行く山梨・静岡~富士サファリパークへ行ってきた!

山梨・静岡旅行の続編です。富士急ハイランドへ行った翌日、目指したのは「富士サファリパーク」。宿泊していた河口湖からは意外の遠く、約1時間ほどかかります。

夏休み中だと午前5時ぐらいから入場列もできるという人気施設のようですが、台風が近づくということで週末といっても午前9時過ぎでも余裕の入場です。

まずはお目当ての一つのジャングルバスへ。1時間後のバスを予約できました。

 

f:id:mailto1979:20171028113234j:plain

ジャングルバスにのってサファリの中を説明付きで回ります。餌やりができるのがこのジャングルバスの売り。ライオン・クマに肉をあげられるのですが、息子は少し怖がっていました。

f:id:mailto1979:20171028113251j:plain

肉食動物とのこの距離感、動物園では味わえません。

後半ではラクダに餌やりもできます。

残念だったのは、雨天のためキリンがパドックから出てこないこと。キリンが寄ってきてその大きさにびっくりしたのを思い出しました。また雨天だとチーターも屋内ということで、観ることができません。

サファリ内の解説を聞きながら1時間弱。

非常に楽しめる内容でした。

 

f:id:mailto1979:20171028113306j:plain

ジャングルバスの後は、自家用車でもう1周します。ジャングルバスよりも近くで思う存分、動物たちを観ることができるのが嬉しいです。

f:id:mailto1979:20171028113325j:plain

f:id:mailto1979:20171028113340j:plain

雨でもジャングルバス&自家用車で観ることができるので、まぁまぁ楽しめました。

 

f:id:mailto1979:20171028113406j:plain

一応、動物たちのふれあい広場もあるのですが、多くの動物が観ることができなかったのは少し残念。とはいえ、カピバラに触れたりや白カンガルーのゲージの中に入ることができたのは、子どもも喜んでいました。

 

www.fujisafari.co.jp

 

(旅行)家族で行く山梨・静岡~富士急ハイランドへ行ってきた!

昨年はシンガポールへ行った家族旅行の夏休み。今年は新居への引っ越しがあったため、お金も時間もなく、のびのびになっていました。とはいえ国内(車で行ける範囲で)以降となり、選んだのが富士山界隈です。

f:id:mailto1979:20171028112059j:plain

選んだ理由としては、富士急ハイランドにあるトーマスランドに行くため。5歳の息子は大分ませてきましたが、3歳の息子はドはまり中。

行き先が決まると宿の手配ですが、今回は河口湖畔のホテルを2泊することになりました。実は富士河口湖町では、ふるさと納税で「るるぶポイント」の返礼品がもらえます。これを使って安く宿泊することができました。

お目当て前に、フジファブリック 志村さんのお墓参りに

残念ながら雨続きだったので、ホテルについてのは夕方。1泊して翌朝から富士吉田に向かいます。河口湖からは隣町になります。

お目当ての富士急ハイランドの前に向かったのが、富士吉田が生んだロックバンド「フジファブリック」のボーカルだった志村さんのお墓。

フジファブリックといえば、「若者のすべて」ですよね。


フジファブリック (Fujifabric) - 若者のすべて(Wakamono No Subete)

♪真夏のピークが去った 天気予報士がテレビで言っていた~

なんてすばらしい出だしでしょう。毎年お盆明けに聞きたくなる曲、No.1です。

 

このフジファブリックのヴォーカルだった志村さんですが、2009年に病名不詳で亡くなっています。29歳という若さでした。

f:id:mailto1979:20171028112150j:plain

志村さんが眠るのは富士吉田市の大正寺というお寺になります。雨の降る中、広い墓場を探します。お墓は奥の方にありました。

墓前には多くのファンがいまだに訪れるようで、生前に好きだったというコーラなどのお供え物が並んでいました。

お墓からは、志村さんが通っていた下吉田中のグラウンドごしに、富士急ハイランド、そして富士山が見渡せる場所にあります。

f:id:mailto1979:20171028112135j:plain

♪夕方5時のチャイムが~ とはこういう場所から生まれた歌詞なんでしょう。

若くして亡くなった人は、多くの人の心の中に生き続けます。

 

お目当ての富士急ハイランドトーマスランド

f:id:mailto1979:20171028112225j:plain

お墓参りの後、お目当ての富士急ハイランドへ。

トーマスランド用の入場券が用意されていて、購入して入園します。このトーマスランド用のチケットでは、トーマスランドの乗り物以外にもいくつか子供用の乗り物がセットになったものになります。

 お値段は割引券を使って大人2名と子ども2名で13,000円。なかなかの出費です。

午前中、小雨が降っていたので、実際乗ることができる乗り物は3つほど…。幸い昼前から雨があがり、乗れる遊具が増えたので、非常に楽しむことができました。

平日で天気も悪いということで、ほとんど待ち時間なく乗ることができました。ちなみに5歳の息子が一番喜んで乗っていたのは「リサとガスパールのそらたびにっき」というコースターもの。

おいおいトーマスじゃないじゃないか!

3歳の息子は「ハッピーハロルド」という飛行機にのって上昇するもの。うん、子どもらしい。

f:id:mailto1979:20171028112311j:plain

もう一つ、3歳の息子は、ド・ドドンパのコースターの看板に書かれていた「ドドドンパッカーン」という言葉がお気に入りで、ずっと叫んでいました。うん、これも子どもらいい。

 

天気の悪い平日にもかかわらず、こんな山奥にこれだけの人が来ることに驚きです。外国人も多いのですが、若い大学生風の人たちも多い。首都圏ってすごいなぁと再認識させられました。

朝霧JAM 2017 ~It's a beautiful day~ に行ってきた!ただし日帰り…

元祖、キャンプインフェス 朝霧JAM。以前行ったのは、もう10年近く前でしょうか。

そのときは降り続く雨で、泥沼化した会場だったこと、そして加藤登紀子さんが「みんな出ておいで~」と歌っていたことをかすかに覚えています。

 

前回は場内にキャンプを張りましたが、今回はふもとっぱらにキャンプサイトを構えます。近年、人気が出てきた「ふもとっぱら」。今回はなんとソールドアウトだそうです。

 f:id:mailto1979:20171017122258j:image

設営終了とともに富士山が顔を出してくれました。

 f:id:mailto1979:20171017122319j:image

とともにいきなりバーベキュースタート。やっぱりバーベキュー楽しいですね。

ライブを観る気があるのか…。ふもとっぱらから朝霧アリーナへはシャトルバス。ただこれが大混雑。バスに乗る時間がかかるんですよね。約30分ほど乗車待ちになっていました。

f:id:mailto1979:20171017122349j:image

結局ライブを観たのは夕刻になってから。EGO-WRAPPIN'やベルセバなど一応観ました。

しかし、翌日子どもの運動会のためにここで終了……。

今度はちゃんとキャンプして参加したいです。

 

ちなみに翌日は、なんとダイアモンド富士が見られたそう。こんなカンジ。

 f:id:mailto1979:20171017122358j:image

うーん、悔やまれます。

 

asagirijam.jp